アーカイブ

Archive 2005-2010

リッキーとの6年間

ミランとリッキーがやってきたことの中には、今後も決して消えないだろう情熱とサッカー、感動とゴールがいっぱいつまっている。「ともに過ごした」ということが何を意味するか、それを知るのはミランとミラニスタ、そしてカカーだけだ。

Archive 2005-2010

新しい時代

慎ましく、熱狂的な、おもしろいサッカー。これが、先週の月曜日にサン・シーロで記者会見を開いた新監督、レオナルドの信念である。こうして、ミランの新時代がスタートしたが、親友のアンチェロッティ監督の援助を忘れてはならない。

Archive 2005-2010

今後もミランで勝利を目指す

2013年まで契約を更新したダニエレ・ボネラが喜びのコメント。往年のミラニスタはティフォジらに向けてこんなメッセージを発した。「このクラブには勝利への渇望がまだまだみなぎっている」

Archive 2005-2010

5周めのサイクル

昨日、アドリアーノ・ガッリアーニがカカーについてコメント。「合意はまだなされていないが、年に7000万ユーロの出費は無理だ」。今後については「ミランはリスタートの準備ができている、これまでもミランは終わったと言われたことが何度かあるが...」

Archive 2005-2010

理性と感情と

シルビオ・ベルルスコーニの談話。「カカーとは月曜に話をするつもりだ。まだ何も決定しておらず、私はまだ劇的展開への望みを捨てていない。ただサッカーとは特定の選手によって支えられているものではない」

Archive 2005-2010

さよなら、カルレット!

アドリアノ・ガッリアーニは興奮気味に、ミランの転換期を宣言した。「明日から新監督にはレオナルドが就任する。同時に、アンチェロッティにはもう一度、ミランのベンチに戻ってこれるよう、エールを送りたい。」