アーカイブ

Archive 2005-2010

20年間で8度のファイナル

今から20年前の1988年、ミランはソフィアでチャンピオンズ・カップの舞台へと戻った。その時からミランは8回のファイナルを戦い、うち5回で勝利を飾っている。これがミランであり、ミランはそういったことから評価されるべきだ。

Archive 2005-2010

それぞれが反省すること

アタランタ戦後、ミランの選手たちは、満足なプレーができず4位奪取に必要な勝ち点が稼げなかったことへの苦い想いを語った--選手たちのコメント。

Archive 2005-2010

我々と同じように主審も

アドリアーノ・ガッリアーニ副会長とカルロ・アンチェロッティ監督は、ブリーギ主審とチームのパフォーマンスが明らかに同じだったと考えている。ミランに不利な決定が決め手となったのだ。

Archive 2005-2010

18名が最後の仕上げ

アタランタ戦の前日の午後、ミランは16時から最終調整を行なった。明日の試合のベンチ入り選手は18名。ジラも代表組も準備はOKだ。

Archive 2005-2010

デリケートな試合

ミラン対アタランタ戦をアンチェロッティ監督はこのように称した。監督は1試合ごとに準備していきたいと考えている。ジラルディーノは回復した。 -アンチェロッティ監督の記者会見-

Archive 2005-2010

こんなカラーゼと...

今シーズンの好ゲームの立役者となっているグルジア人DFは、ミランは次の日曜のアタランタ戦からホームでまたいい試合をしないといけないと明言。カラーゼにとってセンターでプレーするのは楽しみだ。

DNA MILAN