アーカイブ

Archive 2005-2010

悔しさが上回る

「起きてしまったことを残念に思う。サッカーにとって良くないことだ。我々は主審から伝えられた警察の決定に従った」。ガッリアーニ副会長、アンチェロッティ監督、ネスタのコメント。

Archive 2005-2010

ベルガモでも安定感をもって

カルロ・アンチェロッティは、ドネツクでチームがとった戦術にご満悦。ミランは敵にプレッシャーをかけ、ピンチを最小限に抑えた。今後もこの調子でいこう--カルロ・アンチェロッティの記者会見より。

Archive 2005-2010

ピルロの告白

「キャリアを通じて、僕は毎日上手くなるように努めてきた。試合では相手の動きを止めることが大切だと思う。チームを助けるために、常にそれを実践しようとしている」。ピルロのコメント。

Archive 2005-2010

審査を待ちながら

「ピッチではいつも全力を尽くそうとしている、ピッチ外で起きることは僕は門外漢だけど、バロンドールのような大きな賞をもらえたらそれはもちろんうれしいよ」--カカーのコメントより。

Archive 2005-2010

リッキーとピッポのコラボ

カカーはミランで70ゴールを記録し、インザーギは86ゴール。だが、大事なのは数字だけではない。何よりも、2人の間にはコラボレーションがあるのだ。火曜夜の試合では、ピッポがカカーにアシストを送り、またアテネの時と同じように、その反対もあった・・・

Archive 2005-2010

予想以上だった

インザーギのゴールによるミランの1-0での勝利を予言していたアドリアーノ・ガッリアーニ副会長はは「結果は予想以上に良かった」と語り、アンチェロッティ監督は「インザーギは何てプロなんだ」とコメントした。

DNA MILAN