アーカイブ

Archive 2005-2010

熱意とリズム

今日のミラネッロ、インテル戦を控え、カルロ・アンチェロッティ監督は適度の緊張感を与えるべく練習を行なった。鍵となる戦術面には、熱意とリズムのよさが見てとれた。

Archive 2005-2010

適切なタイミング

ミランは最高のコンディションでインテルとの対戦を迎える。ピッチで自らの特徴を最大限に発揮できるのは、こういった調子の時だけだ。 -カルロ・アンチェロッティ監督のコメント-

Archive 2005-2010

いつもながらのこの雰囲気

ミラネッロにみなぎる集中力。ビッグマッチを控えている雰囲気のなか、チームはダービーに向けて全神経を集中させて練習に励む。今日はミニゲームを中心とした午後練が行なわれた。

Archive 2005-2010

ダービー?落ち着いて過ごしている

今日の記者会見で、クラランス・セードルフはいつものように、恐れを抱くことなく、顔を上げながら語った。話題はダービー、シーズン終盤戦、補強などだ。彼は鋭い答えを残している。 -セードルフのコメント-

Archive 2005-2010

自信を持ってダービーへ

自身初となるミラノダービーを4日後に控え、ゼリコ・カラッチが日曜のインテル戦に向けての心境と、チームのコンディションについて語った。 -カラッチのコメント-

Archive 2005-2010

キャプテン不在のダービー

2年連続で夏に手術を行ったにもかかわらず、パオロ・マルディーニは近年においても多くのダービーを戦ってきた。キャプテン不在のなかで戦った過去2回のダービーを紹介する。

DNA MILAN