First Team

次節ラツィオ戦:これまでの対戦成績


セリエA第23節は、火曜日の20時45分にサンシーロにてキックオフする。気になるこれまでの対戦成績は?

ミラノ発-カターニア戦後から3日後には、すぐにラツィオ戦が控えているミラン。セリエA第23節は、火曜日の20時45分にサンシーロにてキックオフする。これまでサンシーロで行われたラツィオ戦は67試合あり、対戦成績はミランの39勝19分け9敗となっており、ロッソネーリには非常に有利なデータとなっている。得失点は136ゴール64失点。PKはミラン側に8度、ラツィオには7度あり、すべてのPKが成功している。

昨シーズンのサンシーロでの対戦は第31節2010年3月28日に行われ、1−1の引き分けで終えている。ボッリエッロがPKで先制ゴールをあげるが、32分にリヒトシュタイナーに同点ゴールを決められている。

2008-2009シーズンは、4−1でミランが圧勝。セードルフのゴールで先制し、サラテに同点にされるが、その後はザンブロッタ、パト、カカが得点を決め試合を決定づけた。

その前のシーズンは、54分にビアンキに先制ゴールを決められるがオッドが古巣相手にPKを沈めて1−1のドローとなっている。

2006/2007シーズンのゲームは、インザーギが27分に先制点をあげて、オリヴェイラが70分に追加点。73分にマキンワに決められるが、2−1で逃げ切りに成功した。

2005/2006シーズンは2005年9月21日第4節、シェフチェンコとカカが前半にあげたゴールを守りきり2−0で勝利。

2004/2005は、当時ラツィオのキャプテンであったオッドにPKを決められ先制点を奪われるが、72分にシェフチェンコのゴールで同点においつくと、試合終了間際の94分にクレスポが決勝ゴールをあげて2−1で勝利した。

最後にラツィオに敗れたゲームは、1989年9月3日までさかのぼらなければならない。このゲームは、前半41分のマルディーニのオウンゴールによって0−1で負けを喫している。

□次の2試合が最もゴールが決まったゲームである
1992年10月18日 Milan-Lazio 5-3 - 得点者: 13' Gullit, 15' Papin, 34' PK. 61' PK. Van Basten, 80' Simone(以上ミラン選手); 21' Winter, 52' Fuser, 65' Signori (以上ラツィオ選手).
1931年2月8日, Milan-Lazio 5-3 - 得点者: 13', 82' Capra, 14', 54', 87' Moretti (以上ミラン選手); 9', 79' Piola, 65' D'Odorico. 

現在ラツィオは勝ち点40(12勝4分け6敗)で、ナポリと並んで2位につけている。アウェーでの成績は4勝2引き分け4敗、9得点10失点となっている。最近のアウェーでの4試合では、ジェノアでの1ポイントのみしか獲得できていないその他の3ゲームではボローニャ、ローマ、ユヴェントスに敗れている。

TAG >

フォトギャラリー

DNA MILAN