First Team

ゴールの勢いが止まらない


これまで、ほぼ全選手が得点を記録している。最近の2試合では、マキシ・ロペス(対ウディネーゼ戦)、それにエマヌエルソンやムンタリ(対チェゼーナ戦)も得点を挙げている。このゴールの勢いを止めないで、土曜日のユヴェントス戦でもゴールを見せてほしいものだ。

ミラノ‐これまでロッソネリの17選手が得点を重ねている(ネスタ、チアゴ・シウバ、ジェベス、ザンブロッタ、アンブロジーニ、アクイラーニ、ノチェリーノ、セードルフ、イブラヒモビッチ、ボアテング、パト、エル・シャーラウィ、カッサーノ、マキシ・ロペス、ムンタリ、エマヌエルソン、ロビーニョ)。


最近の2試合では、どちらのチームともブラック&ホワイトのユニフォームの相手だった。マキシ・ロペスがウディネーゼ戦で、そしてエマヌエルソンとムンタリがチェゼーナ戦でゴールを決めている。

この勢いが止まらないことを願おう。

ゴールキーパーを除いて、今シーズンは多くの選手が戦線離脱を余儀なくされている(ガットゥーゾ、フラミニ、メルケル、ヴァロティ、デ・シリオ)。あと7人の選手たちが2011/2012シーズン、まだゴールを決めていない。


イニャツィオ・アバーテ:2回アシストを決めている:パルマ戦でカッサーノへ、そしてチェゼーナ戦ではロビーニョにアシストを決めている。
ルカ・アントニーニ:最後に挙げたゴールは、5月15日、サン・シーロでのユヴェントス戦だった。
ダニエレ・ボネーラ:まだロッソネリとしては、リーグ戦で得点を挙げていない。
フィリップ・メクセス:リーグでゴールを挙げた最後の試合はジェノアに所属していた頃の2011年2月19日。この試合、ジェノアはローマに4-3と勝利している。
ジャメル・メスバフ:レッチェ所属当時の2011年9月21日、アトランタ戦でゴールを決めている。この試合レッチェは、1-2と負けを喫している。
マルク・ファンボメル:クロスバーに弾かれたシュートが2回;昨シーズンのミラン3-0 ナポリと今シーズンのミラン 0-1 インテル。
フィリッポ・インザーギ:ミランの伝説の選手。2010年9月18日のミラン 1-1 カターニアでゴールを決めている。

 

TAG >

フォトギャラリー